メールサーバー中継され大量の迷惑メールを送信

画像:パーソルプロセス&テクノロジー株式会社より引用

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は2020年7月22日、同社のメールサーバーが不正中継被害を受けたことにより、同社サービスを偽装したドメインから不特定多数に向けて大量の迷惑メールが発信されたと明らかにしました。

同社によると、攻撃者は同社サーバーが外部から第三者に宛てた電子メールを中継可能な状態にある点に目を付け、同社が提供する業務可視化サービス「MITERAS」を装った迷惑メール(ドメインが「miteras.jp」のもの)を、不特定多数の相手に送信していたとのこと。

このため、同社は該当の通信を遮断。また、不正中継を防ぐための設定変更措置を講じたと説明しています。

被害者らにメールの削除を要請

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は一連の迷惑メールについて、「MITERAS」が保有する情報の流出などは確認されていないとの立場を示しています。

また、迷惑メールについては、「メール本文のウイルス感染や不正アクセスなどの可能性」があると注意喚起。被害者らにメールを開かないよう、ホームページ上で警告しています。

参照不正アクセスによる迷惑メールの送信に関するお詫びとお知らせ/パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?