250万件の個人情報記録した媒体を誤廃棄|みずほ総合研究所株式会社

みずほ総合研究所株式会社は2020年7月22日、同社が保有する個人情報などを記録した外部記憶媒体を紛失したと明らかにしました。

同社が公表した資料によると、紛失した記憶媒体は「Linear tape open(リニア テープ オープン 通称:LTO)」と呼ばれるコンピューター用の磁気テープ媒体です。

内部には顧客管理システムのバックアップデータとして、2018年12月7日までに取引していた個人情報約66万9千件にサービス利用実績に関する情報183万8千件、株式会社みずほ銀行との共同事業「MIZUHO Membership one」に関係する情報などが記録されていました。

判読には特殊なシステム必要、流出の可能性は低い

みずほ総合研究所株式会社はによると、紛失は経緯などを調査したところ、誤廃棄による紛失の可能性が高いとのことです。

また、紛失したLTOに記録されたデータを読み取るには、特殊な仕様のシステム環境を用意する必要があるため、万が一第三者の手に渡ったとしても判読は困難とのこと。記事発表時点で二次被害等は確認されておらず、流出の可能性は低いとの見方を示しています。

参照みずほ総合研究所株式会社/みずほ総合研究所株式会社におけるお客さま情報紛失について

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?