ショルダーハッキングでカード情報不正利用、中国国籍の男子高校生逮捕

警視庁は2020年6月、盗んだクレジットカード情報を利用して航空会社の予約サイトで航空券を不正購入した疑いで、横浜市に住む男子高校生を逮捕したと明らかにしました。

情報によると、男子高校生はアルバイト先のスーパーマーケットで買い物客のカード番号や有効期限などを盗み見ることで不正に取得。これを利用して航空会社の予約サイトにアクセスし、東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンに向かうためのチケットを購入していたものと見られています。

なお、情報にいよると逮捕された男子高校生は2019年11月~2020年2月にかけて同様の手口を繰り返して、80名相当の情報を入手した可能性があるとのこと。被害額は合計で1,000万円以上に上るとされています。

単純だが脅威度高、ショルダーハッキングの恐ろしさ

今回逮捕された男子高校生の手口は、他人が入力した情報を肩越しに盗み見ること様子から「ショルダーハッキング」と名付けられている手口です。原始的な手段ですが多少の記憶力があればだれにでも実行できる手口のため、比較的被害を受けやすい犯罪として認識されています。

過去には公職員による犯行事例もあり、大分市消防局では男性職員が上司のパスワードを盗み見て得た人事情報を、他の職員に拡散し懲戒処分となった事例も出ています。

参照クレジットカード情報不正取得 1000万円以上利用か 高校生逮捕/NHK NEWS WEB

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?