熊本市HPとドメイン以外同一の偽サイトを確認、アクセスしないよう注意喚起

画像:熊本市より引用

熊本市は2020年6月19日、市の公式ウェブサイトにて同市を模したウェブサイトが横行していると注意喚起発表を実施しました。

熊本市によると、問題の偽サイトはデザインやレイアウトを模しているだけでなく、アドレスも正規のサイトに近いものを利用しているとのこと。具体的にはドメイン部分以外は正規(https://www.city.kumamoto.jp)のアドレスと同じものを利用して、ドメイン部分のみ海外のもの(、https://www.city.kumamoto.〇〇)を利用しているとしています。

市は問題のウェブサイトの目的について「不明」との認識を示しながら、「市がホームページで口座番号やクレジットカード情報の入力をお願いすることはない」と市民らに注意を促しました。

コロナ禍後、同様の偽サイトが相次いで登場

コロナ禍後、自治体や公的機関を模した偽サイトが相次いで登場しています。背景には新型コロナウイルスに伴う各種助成金や支援事業の急増が影響しているのか、これらの多くのサイトで申請業務の代行を謳うものや、申請窓口と誤認させ個人情報を入力する類のコンテンツが確認されています。

熊本市はこうした同市をかたるウェブコンテンツについて、発見者からの電話やメールによる連絡を要請しています。

参照熊本市をかたる偽ホームページにご注意ください/熊本市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?