同僚のID悪用し約600万円の利益を不正に得た可能性、ドコモ子会社社員が逮捕

警視庁は2019年10月16日、NTTドコモの子会社「ドコモCS」に勤務する契約社員の男性を、不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕したと明らかにしました。

警視庁によると、男性はドコモグループの従業員が利用できる福利厚生サイトに、他の従業員のIDを用いてログインしていた疑いがあるとのこと。同サイトは業績に応じて様々な景品と交換できるポイント制が取られており、同容疑者はこれを通じて約600万円分の利益を不正に得ていたと見られています。

推測可能な初期パスワード設定を悪用

ドコモの福利厚生サイトへのログインは、従業員ごとに異なるパスワード入力が必要です。そのため、通常は男性がログインを試みても、対象となる人物からパスワードを入手しなければ、不正利用はできません。ところが、同サイトへの初期パスワードは「従業員IDと同一」のため、サイトを利用していないと見られる従業員のIDを入力するだけで、実は不正利用が可能です。

同容疑者の講座記録には2018年6月~2019年2月にかけて、ギフト券などを転売したとみられる痕跡があり、期間中に手を染めた疑いが持たれています。

参照ドコモグループ契約社員を逮捕 不正アクセスの疑い 警視庁/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?