10万円給付装うフィッシングメールを確認、JC3が注意喚起

画像:給付金等に関する不審メール/日本サイバー犯罪対策センターより

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は2020年5月12日、日本政府が地方自治体を通じて全国民に10万円を給付する「特別定額給付金」事業に関連して、不審な詐欺メールが確認されたと注意を発しました。

同センターによれば、メールの送信主は政府機関や通信会社などを自称し、本文中に偽の申請用URLを添付していたもの。本文には「国民全員に権利がある」、「感染拡大防止のため」などコロナウイルスや給付金関連の定形文章が記載され、言葉巧みに信じ込ませようとする意図が見られるとのことです。

今後、より巧妙化な手口が登場する可能性も

日本サイバー犯罪対策センターによれば、今回確認されたメールのURL転送先は、給付金に似せたサイトではなく、高額当選金を装う給付金とは関係のないサイトとしています。そのため、万が一偽のURLクリックした場合でも、給付金手続きと誤認して情報を入力する可能性は低いものと見られます。

しかし、日本サイバー犯罪対策センターは今後の動向について「さらに巧妙なフィッシングサイトへの誘導に用いられる可能性があり、注意が必要」との認識を表明しています。

実際、海外ドメインを中心に政府系サイトを装う偽のウェブサイトが多数確認されており、コロナや給付金に関連する詐欺が登場する可能性は高いものと見られます。

参照給付金等に関する不審メール/日本サイバー犯罪対策センター

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?