10万円給付に関連した詐欺メールなど横行か、消費者庁が注意喚起

画像:特別定額給付金を装った詐欺にご注意ください/消費者庁より

消費者庁は2020年4月24日、政府が全国民を対象に10万円を給付する「特別定額給付金」に関連して、詐欺行為が発生していると注意を呼びかけました。

同庁窓口によれば、給付金に関連してATMへの振り込みや手数料を要請する詐欺が想定されるが、庁が市民に直接要請を出す可能性はないとのこと。また、世帯構成や銀行口座の番号など個人情報をメールで聞き出すなどの詐欺も想定されるが、こうした要請に応じないよう、ウェブサイトを通じて警鐘を鳴らしています。

フィッシングメールによる詐欺発生か

長野県は既に実際に特別定額給付金に関連した詐欺メールが発生したと、他県の事例をあげ注意を促しています。

県がツイッターで公開した画像には、「給付金10万円につき、お客様の所在確認」としたタイトルが打ち込まれ、給付に関連して所在確認が必要との名目でURLへのアクセスを促す内容の文章が盛り込まれています。また、有効期限と4月30日までと実際の給付金よりも短く設定し、受信者の焦りを誘発する手口が採られています。

県はこうした詐欺が今後も発生すると警戒感を募られており、市民に注意を呼び掛けています。

参照特別定額給付金を装った詐欺にご注意ください/消費者庁

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?