サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

患者情報14名分を記録したUSBメモリが行方不明|鹿児島大学病院

  • LINEで送る

画像:個人情報を保存したUSB紛失について/鹿児島大学病院より

鹿児島大学病院は2020年3月19日、同院および他院の患者情報合計14名分の個人情報を記録したUSBメモリを紛失したと明らかにしました。

同院によると、問題のUSBメモリは同院に所属する医師の私物で、症例レポートの作成などの理由から、日常的に自宅に持ち帰っていたとのこと。また、USBメモリには流出を防ぐための特別なセキュリティロックなどはかかっていませんでした。

大学が医師に確認したところ紛失したのは2020年2月12日のことで、医師は紛失から1週間後に病院に報告しています。

再発防止に向け対策実施

鹿児島大学病院はこれまで、個人情報の適正管理に向けた研修や会議を進めており、個人情報の持ち出しについても原則禁止すると定めていました。

ところが今回の流出事案を受け再度、全職員に対して個人情報に関する注意喚起を進めていくと発表。情報の適切な管理・運用を進める方針を示しました。

参照鹿児島大学病院 医師が個人情報入ったUSB紛失/MBCニュース
参照個人情報を保存したUSB紛失について/鹿児島大学病院

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。