夕刊フジがイベント中止メールを誤送信、応募者69名のアドレス流出|サイバーセキュリティ.com

夕刊フジがイベント中止メールを誤送信、応募者69名のアドレス流出



画像:個人メールアドレスの誤送信に関するご報告とお詫び/産経新聞社より

産経新聞社は2020年3月5日、同社が展開するメディア夕刊フジの応募イベント「中山競馬場馬主席ご招待(3月7日)」に関連して発信したメールを誤送信し、応募者69名のメールアドレスが外部流出したと明らかにしました。

同社発表によるとインシデントは2020年2月28日、新型ウイルスの影響によりイベントが無観客レースになったことから、イベント中止のメールを送付する際、宛先設定の入力ミスが発生。同社は外部一斉メールを送付する際、同報者のアドレスを隠すために「BCC」とすべきとしていましたが、操作ミスにより「TO」形式で送信する事象が発生したため、送信先間でアドレスが共有が発生したとしています。

被害者らに謝罪を表明

産経新聞社はインシデント発生後、公式ウェブサイトを通じて被害者らに向け謝罪を発表しています。発表に具体的な対策内容は明記されませんでしたが、今後は情報管理を徹底し、再発防止に向けて取り組む考えを示しています。

参照個人メールアドレスの誤送信に関するご報告とお詫び/産経新聞社




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。