イベントメール誤送信でメルマガ読者のアドレス342件が流出|えびの市

画像:【お詫び】吉都線サポーターメールマガジン配信に係る個人情報の流出について/えびの市より

宮崎県えびの市はこのほど、市が事務局を担当するJR吉都線利用促進協議会のメールマガジンにて誤送信が発生し、メルマガ読者のメールアドレス342件を誤送信したと明らかにしました。

市によると、インシデントは2020年2月19日の昼頃発生。担当者がメルマガを送信する際、本来送信先のアドレスを隠すため「BCC」で送付すべきところを「TO」で送信したため、誤送信が発生したと説明しています。

誤送信防止システムの導入へ

えびの市によると、誤送信メールは合計8回にわけて送付されましたが、職員は誤送信を認識しておらず、すべてのメールを「To」で送信したとしています。流出は同日中に、受信者の一人から指摘を受け発覚。市で確認したところ、すべてのメールを誤送信していた事実が判明した形です。

同市はその後、受信者らに謝罪とメールの削除を文章・メールの両面で要請。今後は再発防止策として、複数職員によるダブルチェックを進めるほか2020年3月末までに、市が運用する誤送信防止システムを協議会に導入するとしています。

参照【お詫び】吉都線サポーターメールマガジン配信に係る個人情報の流出について/えびの市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?