下水道公社の管理アドレスが不正アクセス被害、大量の迷惑メールが発生か|埼玉県

画像:埼玉県より

埼玉県下水道管理課は2020年1月31日、県下水道公社が管理するメールアカウントが何者かの不正アクセスを受け、不特定多数の迷惑メールを発信したと明らかにしました。

県はホームページで詳細を明らかにしていませんが、県下水道公社によると問題のメールアカウントは外部のレンタルサーバーで管理していたものとのこと。公社が別のメールアカウントの使用を試みたところ、大量のエラーメールからサーバーダウンが発生しており、不正ログインが発覚しました。

流出情報は存在せず

公社は現在、不正アクセスの経緯を探っていますが、メールアカウントのログインIDが推測しやすいものであり、原因になった可能性もあるとしています。

ただし同社は、情報流出などの被害は否定。通常、メールアカウント内には外部や関係先のメールアドレスや本文内容が記録されているものですが、不正アクセスを受けたアカウントは普段使用しておらず、取引先の情報などは記録されていなかったと説明しています。

参照(公財)埼玉県下水道公社のメールサーバーを介して不審なメールが送信されています。身に覚えのない公社からのメールは開かないでください。/埼玉県下水道管理課

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?