サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

患者情報含むノートパソコン・外付けHDDを院外で紛失|昭和大学病院

  • LINEで送る

画像:患者様情報を含む情報端末の紛失に関するお詫びとご報告/昭和大学病院より

昭和大学病院は2020年1月10日、同院の消化器・一般外科で使用していたノートパソコン及び外付けハードディスクを紛失し、氏名や病名、手術内容などの患者情報最大1,300件について流出の可能性があると明らかにしました。

ノートパソコンは2019年12月25日の夜間~2019年12月26日の早朝にかけて、病院外で紛失。同院は現場を捜索し警察に通報するなどしましたが、発表時点で発見に至っていないと、事態の公表に踏み切りました。

パソコンにはロック機能

記事発表時点で紛失端末に記録されていた、患者情報の不正利用などは確認されていません。紛失したノートパソコンにはロック機能がついており、相対的に流出リスクは低いとも考えられます。

ただし同院は、内部規定で患者情報の院外持出しを禁止し、やむを得ない場合も匿名化するなどの措置を求めていました。今回のインシデントを周知徹底し、再発防止に努める考えを示しています。

また、同院は影響を受けた患者らについて、今後書面で改めて報告する方針です。

流出件数 最大1,300件
流出情報の内訳 氏名、患者番号、性別、年齢、病名、手術内容等

参照患者様情報を含む情報端末の紛失に関するお詫びとご報告/昭和大学病院

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。