脆弱性利用する不正アクセス、ECサイトからカード情報520件が流出か

画像:弊社が運営する「ジュノエスクベーグル」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社Eightより

株式会社Eightは2020年1月9日、同社が運営するECショップ「ジュノエスクベーグル」が何者かのサイバー攻撃を受けたことにより、顧客クレジットカード情報520件について外部流出の可能性が生じたと明らかにしました。

インシデントは2019年6月17日、一部のクレジットカード会社からカード情報流出に関する通知を受けたことにより発覚。同社が第三者調査機関を通じて調査を実施したところ、サイトシステムに内在していた脆弱性を利用した攻撃の痕跡が確認されました。

カード決済機能を停止を決定

株式会社Eightはインシデント発覚後、「ジュノエスクベーグル」のクレジットカードによる決済機能を停止する措置を取っています。

同社によると既に関係当局などへの報告は済ませており、今後はセキュリティシステムの強化を実施し、再発防止に繋げる考え。改修後の「ジュノエスクベーグル」の再開日は、別途公表するとしています。

なお、今回のインシデントにより流出の危険性が生じている情報は、次の通りです。

対象者 期間中にカード決済したユーザー
期間 2018年10月31日~2019年6月17日
件数 520件
内訳 カード名義人名、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード

 

参照弊社が運営する「ジュノエスクベーグル」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社Eight

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?