新潟県がセミナー参加企業260社のアドレスを誤送信

画像:メールの誤送信について/新潟県より

新潟県は2019年11月11日、県内企業など260件の宛先にイベント案内メールを送付する際に、誤送信が発生したと明らかにしました。

発表によると、問題のメールは産業労働部労政雇用課が主催する県内企業向けのイベント「女性・高齢者等活用/活躍推進セミナー」。課の担当者がメール送付時の宛先を設定する際、本来「BCC」とすべきところを「CC」設定で送付したため、送付先でアドレスが共有される事象が発生したと説明しています。

受信者から指摘を受け発覚

誤送信メールは2019年11月11日に発信され、同日中に発覚しました。通常、一斉メール送信時は情報流出の防止策として、複数名で立ち会うようダブルチェックを実施するなど定められています。しかし、同課ではダブルチェックが機能しておらず、メールを受信した企業より送信設定のミスについて指摘を受け、事態が明らかになった形です。

県はこれについて謝罪を表明し、今後の再発防止策としてダブルチェックを実施するとしています。

参照メールの誤送信について/新潟県

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?