スタバWebサービスにリスト型攻撃、約18万円の不正利用発生

画像:スターバックスコーヒージャパン株式会社より

スターバックスコーヒーで知られるスターバックスコーヒージャパン株式会社は2019年10月25日、同社の顧客向けアプリ「My Starbucks」にて、第三者による顧客アカウントの不正利用が発生したと明らかにしました。

不正アクセスは外部から入手したパスワードリストから類推してアクセスを試みる「パスワードリスト型」攻撃と見られており、複数件発生しているとのこと。同社は対策として、オンライン入金やオートチャージ機能を一時的に停止し、対応をすすめている状況です。

最大7万7千円の被害発生

スターバックス側が明らかにした情報によると、不正アクセスは2019年10月16日より発生し、複数件の被害が生じています。

記事発表時点で明らかになっている合計被害額は、金額にして約18万円。1件につき最大約7万7千円で、攻撃者はアカウントを通じてコーヒー豆やタンブラーなどを購入しています。

参照My Starbucks不正ログイン防止のため、パスワードを変更してください/スターバックスコーヒージャパン株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?