個人情報保護委員会がAmazonに行政指導、購入履歴など流出を受け

画像:Amazon の通販サイトで発生した利用者の個人情報の誤表示について/個人情報保護委員会より

個人情報保護委員会は2019年10月11日、大手通販サイトAmazonより、ユーザーの商品購入履歴など合計11万件に誤表示が生じた点について、行政指導を発しました。

委員会によると、インシデントは2019年9月26日に発覚。2019年10月4日にはAmazonからユーザー宛に、事情を説明するメールが送信されましたが、同委員会は更なる対応として、本件に対する問い合わせを確実に履行するよう求めています。

動作試験を行うよう再度注意喚起も

個人情報保護委員会は、今回の事象が、システム更新時に発生した不具合である点を憂慮。今後はシステム変更時には十分な動作試験をするよう、被害を受けたユーザーへの対応とは別に求めています。

なお、委員会は行政指導発表とともに、一連の経緯は既にAmazonより報告を受けていると明らかにしています。

参照Amazon の通販サイトで発生した利用者の個人情報の誤表示について/個人情報保護委員会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?