熊本市の上下水道局職員が人事情報33件を流出、全職員3千人に誤送信

画像熊本市より

熊本市は2019年10月、上下水道局の関係課に所属する男性職員がメール誤送信を起こした結果、課内の職員33名の人事情報が流出したと明らかにしました。

情報によると、メールは本来、職員と上司しか閲覧できない人事異動内申書。担当者が2019年10月1日、課内のメールを上司に送信しようと試みたところ、誤って施設内の全職員3千名に送付してしまったとのことです。

他の部署から指摘入り発覚

熊本市によると、誤送信した本人は事態に気付いておらず、メールの状態に気付いた他の部署の職員から指摘が入り、発覚しました。

事態を把握した市はただちに該当メールを開けなくする措置を講じましたが、閲覧があった可能性は否めないでしょう。同市は今後、個人情報を含めたファイルを暗号化して、誤送信がないように指導もするとしています。

参照人事マル秘文書 全職員に誤送信 熊本市、上下水道局33人分/ライブドアニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?