個人情報218件記録した社用携帯電話を紛失、サクラファインテックジャパン

画像:社用携帯電話紛失による個人情報流出の可能性について(お詫びとご報告)/サクラファインテックジャパン株式会社より

サクラファインテックジャパン株式会社は2019年9月13日、取引先など社内外の個人情報約210件を記録した携帯電話を紛失していたことを明らかにました。

仙台営業所に所属する従業員が2019年9月6日、貸与されていた端末を紛失したことにより、判明したと説明。同社は紛失発覚後、携帯電話会社を通じて機能ロックするなどの措置を講じましたが、端末の発見には至っておらず、情報流出の危険性がゼロではないとしています。

二次被害などは確認されず、警察には届出済

機能ロックなどの素早い措置が功を奏したのか、記事発表時点で端末紛失による流出被害などは確認されていません。

また、同社は影響を受けた取引先らに謝罪を表明。警察当局に紛失届を提出するなどの対応を取っています。今後は再発防止に向けて、端末の取り扱いルールの見直しなどを進めるとしています。

件数 内訳
取引先担当者の個人情報 約170件 氏名・電話番号
同社社員の個人情報 約40件 氏名・電話番号

参照社用携帯電話紛失による個人情報流出の可能性について(お詫びとご報告)/サクラファインテックジャパン株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?