ミサワホームがオーナーの個人情報1,100件記録したファイルを誤送信

画像:個人情報流出についてのお詫び/ミサワホーム株式会社より

ミサワホーム株式会社は2019年9月17日、同社の従業員が取引先の工事会社や資材取引先に対してメールを送付する際に、操作を誤ってオーナーの個人情報1,100件が記録されたエクセルファイルを誤送信したと明らかにしました。

同社によると、エクセルファイルには氏名や住所の他に請負金額なども記録されていたとのこと。同社は送付先に連絡し、個人情報を回収をしたうえで、謝罪を表明しています。

再発防止に向けて

ミサワホーム株式会社は今回のインシデント発生に伴い、監督官庁である国土交通省に事故の内容を報告する対応を取りました。

また、同社は再発防止策として、データ管理の見直しや、事例報告による注意喚起に対する意識向上を図るとしています。

参照個人情報流出についてのお詫び/ミサワホーム株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?