JR九州レンタカーの駐車場サービスが不正アクセス被害、被害件数等は調査中

画像:個人情報流出の可能性について/JR九州レンタカー&パーキング株式会社より

JR九州レンタカー&パーキング株式会社は2019年9月6日、同社の駐車場サービスの公式ウェブサイトが何者かの不正アクセスを受け、顧客情報が外部に流出した可能性があると明らかにしました。

同社は駐車場サービスのウェブサイトに問い合わせフォームを設置しており、入力された個人情報を記録していたとのこと。手口や被害件数は明らかになっておらず、現在は第三者調査機関に依頼し、調査を進めているとしています。

なお、影響が懸念されているのは駐車場関連サイトのみで、レンタカー関連のウェブサイトへの不正アクセスはありません。

流出情報の内訳は?

同社によると、インシデントは2019年9月3日に発生し、問い合わせフォームの入力情報に流出の危険性が生じています。ただし、被害件数などは判明しておらず、今回の発表では流出情報の内訳のみが公開されました。

流出情報の内訳

  • 氏名
  • 企業名・団体名
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

参照個人情報流出の可能性について/JR九州レンタカー&パーキング株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?