中部電力「カテエネ」がリスト型攻撃の対象に、最大234件のアカウントから情報流出の可能性

画像:「カテエネ」における不正ログインについて/中部電力より

中部電力は2019年7月12日、同社ウェブサイト「カテエネ」の顧客アカウントが、外部からのパスワードリスト攻撃を受けたと明らかにしました。

同社は攻撃により最大234件に不正ログイン被害が発生したと説明した上で、実際ログイン被害の生じたアカウントについて個人情報を閲覧された可能性があると注意を呼び掛けています。ただしポイントサービス「カテエネポイント」の流出は確認されていないとのことです。

サービスを一時的に停止

中部電力はリスト型攻撃を確認後、一時的にカテエネおよび他のサービスサイト(ビジエネなど)を停止する措置を取りました。影響を受けたユーザーには個別にメールで連絡し、パスワードの変更を呼び掛けたとのこと。

また、サービス停止中に必要なセキュリティ対策が完了したため、現時点は停止したサービスサイトをすべて復旧。正常に稼働している状況です。

閲覧された可能性のある情報の内訳は下記の通りです。

  • 氏名
  • 住所
  • 電気
  • ガス料金の請求額
  • 契約プラン
  • 保有カテエネポイント数
  • 電気のご使用状況

参照「カテエネ」における不正ログインについて/中部電力

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?