サイバー犯罪に費やす企業コストが12%増加|アクセンチュアが調査結果公表

画像:The cost of cybercrimeより

アクセンチュア株式会社は2019年7月3日、米国調査会社のポネモン・インスティテュートと共同実施したセキュリティ調査にて、「企業のセキュリティ対策コストは前年と比べて12%上昇した」と明らかにしました。

同社によると、2018年度に企業が費やしたサイバーセキュリティコストは平均して1,300万ドル。前年度と比べ130万ドル増加したばかりか、うち1/3はマルウェア対策費に費やされている実態を発表しています。

マルウェアを中心に各インシデントの対策費が上昇

アクセンチュアは今回の発表にて、各インシデントに費やされているセキュリティ対策費を公表しています。これによると各インシデントのうち、対応費TOP5は下記の通り。全ジャンルにおいて対策費の上昇がみられます。

順位 攻撃の種類 コスト 前年度比増加率
1位 マルウェア 約261万ドル +11%
2位 ウェブベースの攻撃 約227万ドル +13%
3位 DoS攻撃 約172万ドル +10%
4位 内部による犯行 約162万ドル +15%
5位 ソーシャルエンジニアリングやフィッシング 約140万ドル +8%

ランサムウェアは21%増加

ランサムウェア対策費の伸び率も、注目に値します。2018年度のランサムウェアの対策費は約65万ドルどまりですが、前年度と比べ+21%も上昇しており、企業が多額のコストを費やしている事実が判明。国内ではあまり被害例を耳にする機会はありませんが、ランサムウェアの攻撃事例は過去2年間で3倍以上も上昇しており、今後も注意が必要となりそうです。

参照2018年サイバー犯罪対応コスト、第2位はWebベース攻撃 - 第1位は?/マイナビニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?