東京都港区がメール誤送信、アドレス31件が流出

画像:不適切なメール送信による個人情報の漏えいについてより

東京都港区は2019年7月4日、同区の麻布地区総合支所協働推進課が区民参画組織麻布を語る会「麻布地区政策分科会」委員らに向けてメールを送付する際に、誤送信によりアドレス31件を流出したと明かしました。

港区によると、誤送信の原因は宛先設定の入力ミス。本来お互いのメールアドレスを隠すため「BCC欄」に送付すべきとされているところを「TO欄」に入力し送付した結果、流出が発生したとしています。

なぜか事後確認

港区によると、誤送信が起きたのは2019年7月3日のこと。担当者が分科会の開催に関するメールを希望者らに送付した際に、宛先欄の入力ミスが生じました。区はこのとき、職員間チェックをせず送信したとしています。ところが翌日2019年7月4日、別の職員が事後確認を進めたところ、誤送信が発覚。事態把握に至った区は、影響を受けたユーザーらに謝罪を進めたというものです。

事後確認ではなく、事前のダブルチェックを経ていれば、防げたかもしれない事案と言えるでしょう。今後は再発防止のため、メール送信のルールを徹底するとしています。

参照不適切なメール送信による個人情報の漏えいについて

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?