脆弱端末147件発見か、NICTが「NOTICE・NICTER」の実施状況を発表

画像:脆弱なIoT機器及びマルウェアに感染しているIoT機器の利用者への注意喚起の実施状況/NICTより

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は2019年6月28日、同機構の実施するIoT機器へセキュリティ啓発プロジェクト「NOTICE」および「NICTER」の実施状況および、発見された問題のある端末数を公表しました。

機構によると、NOTICEこれまでパスワードが入力可能な端末約31,000~約42,000件のうち、延べ147件に喚起なパスワード設定などが見られたと発表。さらにNICTERでは、1回当たり112件~155件ほど、ISPの通知対象となる事象が見られたとしています。

NOTICEおよびNICTERとは

NOTICEとNICTERは、どちらも機構によるセキュリティ啓発プロジェクトです。合計33社のインターネットプロバイダーを通じ、進められました。

なお、NOTICEは機構が国内のIoT端末巡回し、疑似的にパスワードを入力。「123456」や「password」など、不正アクセスの原因となる端末の所有者に、プロバイダーを通じて所有者に注意喚起するというもの。一方NICTERは、マルウェア感染が疑われるIoT端末を検出し、やはり同様の注意喚起を促すものです。

参照脆弱なIoT機器及びマルウェアに感染しているIoT機器の利用者への注意喚起の実施状況/NICT

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?