サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

「NICTER」観測データに基づき、マルウェアに感染したIoT機器に注意喚起



画像:マルウェアに感染しているIoT機器の利用者に対する注意喚起の国立研究開発法人・情報通信研究機構より

国立研究開発法人・情報通信研究機構(NICT)は2019年6月14日、マルウェアへの感染が疑われるIoT機器に対する注意喚起プロジェクト「NICTER」を始動すると発表しました。NICTERはNICTが調査を進める上で、ダークネットへのアクセスなど不審な通信が確認されたIoT端末に対して、プロバイダーを通じて所有者に注意喚起を促すものです。

記事発表時点で具体的な開始時期は明かされていませんが、NICTの準備が整い次第、スタートするものと見られています。

NOTICEとは別物

機構はこれまで、簡単なパスワード設定などセキュリティ的に脆弱な状態にあるIoT機器に対する注意喚起プロジェクト「NOTICE」を実施していました。

今回の「NICTER」と「NOTICE」似たプロジェクトではありますが、NICTERはダークネットへ通信したIoT端末など、既に感染が疑われる端末を対象にしているところがポイント。機構は「NICTER」を「NOTICE」と並行して進めるとしています。

参照マルウェアに感染しているIoT機器の利用者に対する注意喚起の国立研究開発法人・情報通信研究機構


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。