サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

生徒の個人情報822件を記録したUSBメモリーを紛失|松戸市教育委員会



松戸市教育委員会は2019年6月21日、市立第一中学校に所属する男性教諭が在校生822人の個人情報を含むUSBメモリを紛失したと明らかにしました。

市教委によると、USBメモリに含まれていた情報は、ほぼ全校生徒に相当。内部には生徒の氏名に加えて、住所や電話番号なども記録されていたとのこと。USBメモリは2019年6月13日に紛失し、現在も発見に至っていないとしています。

出勤前に紛失に気付く

USBメモリが最後に使用されたのは、紛失の前日である2019年6月12日の午後の授業。男性教諭は授業に関連し、USBメモリを使用したと説明しています。

ただし教諭が紛失に気付いたのは、翌日2019年6月13日の出勤前。USBメモリを持ち帰っていたのか、校内に保管していたのかなどは明らかにされていません。市教委は今後、再発防止に向けて施策を実施するとしています。

参照松戸市の中学校教諭 USBメモリ紛失 在校生822人分の個人情報含む/Yahoo!ニュース


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。