パスワードリスト攻撃で顧客アカウントに不正ログイン被害|ベビータウン

画像:不正ログインに関するお知らせとサービス再開のご連絡/ベビータウンより

母子応援サイトのベビータウンは2019年6月10日、インターネットサービス「ベビータウン・プレママタウン」にて、サイバー攻撃により顧客アカウントへの不正ログインが発生したと明らかにしました。

不正ログインを検出した同サイトは、提供サービスの停止を決定。調査及び対策を進めたところ、安全が確認されたため、サービス再開へ至ったと説明しています。

攻撃の手口はパスワードリスト型攻撃か

同サイトによると、攻撃の手口はパスワードリスト型攻撃の可能性が高いとのこと。

「パスワードリスト型攻撃」とは、闇サイトなでで入手したパスワードリストなどを利用して、総当たり的に不正ログインを試みる手法。ウェブサービス利用者は複数のサイトで共通のパスワードを入力する傾向が強いことから、手軽かつ効率的なサイバー攻撃として、頻繁に使われる手法です。

パスワードの強制変更などを実施

同サイトは不正アクセスへの対抗策として、不正アクセス実行元を遮断した上で、登録ユーザーのパスワードを強制変更。攻撃の再発生に備えて、ユーザーらに対応を呼び掛けています。

また同サイトは今後、不正アクセスの検出や監視体制の強化などを検討する方針を占めています。

参照不正ログインに関するお知らせとサービス再開のご連絡/ベビータウン

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?