車上荒らしでUSBメモリ盗難被害、児童の成績情報30件が流出か|蒲郡市

画像:蒲郡市より

愛知県蒲郡市の蒲郡市教育委員会は2019年6月4日、市立小学校教員が車上荒らし被害を受け、車内に保管していたUSBメモリーを盗まれたと発表しました。

USBメモリーは教員の私用のもの。内部には生徒30人分の成績に関係するデータが記録されており、流出の可能性が発生。ただし記事発表時点で、二次被害などは確認されていません。

わずか5分程度で盗まれる

蒲郡市教育委員会によると、被害を受けたのは30代の女性教諭。教諭が車から降り、自身の子どもが待つ幼稚園に向かったところ、戻った時には車の窓が割られ、USBメモリーを含む荷物が盗まれていたのことです。

教育委員会の担当者の方は、事件について「わずか5分程度のことだった」と言及。犯人はわずかな隙を狙い、盗み取ったものと思われます。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?