外部からのサイバー攻撃に制裁、EUが方針固める

EU諸国は2019年5月17日、域内国の選挙や施設などへのサイバー攻撃に対して、域外国の組織・個人問わず制裁を科す方針を固めました。

EUの発表によると、制裁の手段は、資産凍結や入国禁止など。実際に制裁を科すには、複数の基準を満たした上で、全加盟国の承認が必要など高いハードルを設けていますが、サイバー攻撃に対する抑止力として、効果が期待されています。

ロシアの内政干渉などに対抗か

今回の制裁案は、とくにロシアからの攻撃を警戒したもの。EU諸国はロシア系ハッカー集団によるサイバー攻撃に悩まされ続けており、対策を打った形です。

EU離脱が取り沙汰されているイギリス政府も、今回のサイバー攻撃に対する制裁案について、連携を進めていく考えを表明。今後の動向に注目が集まっています。

参照EU、サイバー攻撃に関与した域外の個人や国に制裁へ/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?