不正アクセスによりホームページの一部データが改ざん|周東総合病院

画像:【重要】ホームページ改ざんに関するご報告とお詫び/JA山口厚生連 周東総合病院より

山口県柳井市に位置する周東総合病院は2019年5月17日、同院ホームページが何者かの不正アクセスを受け、一部データを改ざんされる被害が生じたと明らかにしました。

原因は、ウェブサイト管理ツールに内在していた脆弱性、もしくはFLASHに内在していた脆弱性。攻撃により、悪意のあるファイルをアップロードされるなどの被害が生じましたが、同院は患者の個人情報を隔離して管理しており、情報流出の可能性はないと説明しています。

外部からの通知により発覚

周東総合病院によると、インシデントは、外部から改ざんについて指摘を受け発覚。同院はその後、アカウントのパスワードを変更した上で、制作会社に連絡。ウェブ上のデータの削除した上で、脆弱性を修正したバックアップファイルを用いて、復元したと説明しています。

2019年5月16日時点で、既にセキュリティ上の対応は完了済。現在は正常にホームページを閲覧できる状態です。

参照【重要】ホームページ改ざんに関するご報告とお詫び/JA山口厚生連 周東総合病院

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?