アカウント乗っ取られ迷惑メール約2,200件送信|公益財団法人札幌国際プラザ

画像:公益財団法人札幌国際プラザメールアカウントへの不正アクセス被害による迷惑メールの大量送信について/公益財団法人札幌国際プラザより

公益財団法人札幌国際プラザは2019年5月14日、同財団が代表表示しているメールアアカウントが、何者かの不正アクセスを受けたと明らかにしました。

財団によると、不正アクセスが発生したのは2019年4月28日。攻撃者はアカウントを乗っ取り、国際プラザになりすまして「出会い系サイトへの誘導を目的としたメールを、約2,200件ほど発信した」とのことです。

現在は対処済み、受信者らに呼び掛ける

札幌国際プラザはインシデント発生後、ただちにメールサーバーの管理会社を通じてパスワードの強制変更を実施。不正アクセスを遮断したと述べています。

また迷惑メールの受信者らに向け、なりすましが疑われる2019年4月28日分のメール(sicpf@「当財団名」-sapporo.or.jp)について、閲覧せずに削除するよう呼び掛けています。

参照公益財団法人札幌国際プラザメールアカウントへの不正アクセス被害による迷惑メールの大量送信について/公益財団法人札幌国際プラザ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?