画像:オージス総研より

株式会社オージス総研は、情報漏洩によりサービス終了となった「宅ふぁいる便」について、退会専用の特設サイトを設置したと明らかにしました。

同サービスは2019年1月に外部からの不正アクセスを受け、約481万件のパスワード情報などを流出。多くのユーザーが利用していたことから、専用の退会ページを制作したものと見られています。

パスワード確認やポイント交換も

特設サイトは、IDに使用していたメールアドレスと、送付される認証コードを用いてログインする方式です。宅ふぁいる便の退会を受け付ける入力フォームの他に、登録したパスワードを確認する機能や、ポイント交換する機能も搭載。ユーザー自身が流出パスワードを確認し、流用チェックできるように配慮されています。

既にアドレスを変えてしまった人は?

特設サイトへログインするには、退会前に使用していたID(メールアドレス)の入力が必要です。これでは「インシデントを聞き、アドレスを変えてしまった」といったケースでは、ログインすることができません。

そこでオージス総研は上記のようなユーザーに対して、特設サイトでの問い合わせフォームで対応するようです。メールフォームで手続きする場合は下記の2点を記載することで、登録情報を照会し対応する手法を取るとのことです。

  1. 以前使用していたアドレス
  2. メールアドレス変更の連絡

参照「宅ふぁいる便Web特設サイト」開設のご案内/オージス総研

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?