誤送信でメールアドレス235件が流出|東京港埠頭株式会社

画像:個人情報の漏えいについて/東京都より

東京都は2019年4月7日、晴海客船ターミナルの指定管理会社・東京港埠頭株式会社にてメールの誤送信が発生し、晴海客船ターミナル「客船友の会」の登録ユーザーのメールアドレス235件が流出したと明らかにしました。

東京港埠頭社の事務担当者が会員に向け「4月の客船入港スケジュール等」の案内メールを送付した際に、宛先をBCCではなくCC欄に入力して送付。これにより送信先間でメールアドレスが表示され、流出したとのことです。

会員から電話で指摘され発覚

東京都の説明によると、誤送信は2019年4月7日に発生。送信から約1時間後に会員から東京埠頭社に連絡が入り、流出が明らかになりました。連絡を受けた東京港埠頭社は、影響を受けた会員全員にメールと電話にて謝罪。流出メールの削除を要請しています。

今回のインシデントによる影響は、下記の通りです。

対象ユーザー 発生時期 流出情報 流出件数
晴海客船ターミナル「客船友の会」の会員 2019年4月7日 メールアドレス 235件

参照個人情報の漏えいについて/東京都

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?