画像:個人情報流出に伴うお詫びとお知らせ/株式会社友利より

株式会社友利は2019年4月1日、同社が運営するECサイトの「本味主義」が何者かの不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報2,926件が流出した可能性があると明らかにしました。

不正アクセスは2018年10月、決済カード会社より指摘を受け発覚。同社がカード決済機能を停止し、第三者調査機関に調査を依頼したところ、サーバーシステムの一部に脆弱性が発見され、一部のクレジットカード情報の流出が判明したとのことです。

インシデントの流れ

株式会社友利で発生したインシデントの流れです。

日時 内容
2018年10月10日 一部のカード会社からカード情報の流出懸念の連絡
2018年10月14日 「本味主義」のカード決済機能の停止を決定
2018年10月14日 第三者調査機関に調査を依頼
2018年11月22日 第三者調査機関による調査が完了
2019年2月22日 個人情報保護委員会に報告
2019年2月22日 管轄警察機関に被害申告

被害状況や再発防止策

株式会社友利によると、2017年5月22日~2018年10月14日の期間中に、「本味主義」でクレジットカード決済した顧客に流出の可能性が生じています。

流出情報の内訳や数は下記の通り。

対象 漏洩した情報の内容 件数
2017年5月22日~2018年10月14日にカード決済したユーザー クレジットカード番号、住所、電話番号などの送り先情報 2,926件
上記のうち2018年9月5日~2018年10月14日にカード決済したユーザー クレジットカードの有効期限、セキュリティコード、カード名義人名 523件

同社は今回のインシデントを受け、再発防止に向けてセキュリティ体制の強化に努める考え。停止中のクレジットカード決済機能については、改めてウェブサイトで発表するとしています。

参照個人情報流出に伴うお詫びとお知らせ/株式会社友利

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?