チケットオンラインショップで誤表示、個人情報最大1,600件流出か|キョードー東京

画像:キョードー東京チケットオンライン 個人情報漏えいのお詫びとご報告/キョードー東京より

イベント興行会社のキョードー東京は2019年3月16日、同社が運営するチケットオンラインショップにて、アクセスしたユーザーとは別のユーザーの個人情報が表示される事案が生じたと明らかにしました。

同社によると、誤表示の原因はシステム会社による施策ミス。同社オンラインショップは2019年3月15日頃より高負荷によるアクセス不良が生じており、改善を目的とした対応に不具合があったとしています。

最大1,600件の個人情報に流出の可能性

キョードー東京によると、誤表示は2019年3月16日4:07~8:17の間に発生。この間に最大約1,600件のユーザーが同社のチケットオンラインを閲覧・予約手続き等をしており、流出の可能性が生じたとしています。

誤表示した情報は下記の通りです。

  • 氏名
  • 性別
  • 電話番号
  • 住所
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 秘密の質問
  • 秘密の質問の答え
  • ID
  • パスワード

参照キョードー東京チケットオンライン 個人情報漏えいのお詫びとご報告/キョードー東京

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?