Peing質問箱に脆弱性、150万件超の個人情報流出か|株式会社ジラフ

画像:Peing-質問箱-における情報漏洩についてお詫びとご説明(第二報)/株式会社ジラフより

株式会社ジラフは2019年1月31日までに、同社が提供するサードパーティーアプリ「Peing-質問箱-」にてセキュリティ上の脆弱性が見つかり、個人情報が外部に流出した可能性があると明らかにしました。

同社はメールアドレス約150万件・ハッシュ化されたパスワード約95万件などが流出した可能性があると発表。現在は修正対応を終え、外部調査機関とともに原因の究明を進めている状況です。

事案の経緯は?

ジラフによると2019年1月28日、同社サービスのユーザーより不具合の指摘を受け、インシデントが発覚しました。

指摘を受けた同社が調査を進めたところ、第三者がAPIトークンを用いることで、該当アカウントの情報にアクセスできる事情を確認。悪意を持ったユーザーによるなりすまし行為や情報の不正閲覧の可能性が生じたため、合計2回のメンテナンスを通じて修正対応を進めた形です。

膨大な数の個人情報が流出

「Peing-質問箱-」は多くのユーザーに利用されているサービスです。流出した可能性のある情報はメールアドレス149万7,967件、ハッシュ化されたパスワード94万9,480件など膨大な件数をかぞえ、更にTwitterやFacebookユーザーのトークン情報も保有していました。

流出した情報、および流出した可能性のある個人情報は、下記の通りです。

Peing質問箱内部で保有する情報

  1. トークン
  2. トークンシークレット
  3. Peing-質問箱-に登録したメールアドレス
  4. ハッシュ化されたPeing-質問箱-のパスワード
  5. salt
  6. デバイストークン

Peing質問箱と連携した他サービスにおける情報(連携したユーザーのみ)

Twitter Twitterの登録メールアドレス
OAuthアクセストークン
OAuthアクセスシークレット
OAuthコンシューマーキー
OAuthコンシューマーシークレット
Instagram OAuthアクセストークン
Google OAuthアクセストークン
OAuth id_token
Googleアカウント名(メールアドレス)
Googleに登録した氏名
Facebook OAuthアクセストークン
アカウント名
氏名
プロフィール写真
メールアドレス

参照Peing-質問箱-における情報漏洩についてお詫びとご説明(第二報)/株式会社ジラフ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?