サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

保守作業時の設定ミスで別人の情報が表示、造幣局オンラインショップが謝罪



画像:造幣局オンラインショップより

独立行政法人造幣局は2019年1月31日、同局が提供する「造幣局オンラインショップ」の個人アカウントにて、別の人物の注文履歴が表示されるインシデントが起きたと明らかにしました。

誤表示の原因は、システム保守作業中に発生した設定ミス。既に修正対応などは完了しており、現在は謝罪対応を進めています。

事案の経緯は?

インシデントは2019年1月23日~2019年1月28日に発生。顧客から「他人の注文履歴が表示される」と通報が入り、明らかになりました。

インシデントを受け同局が調査を進めたところ、期間中に合計66名の氏名や住所などが流出したと判明。同オンラインショップでは住所や氏名・電話番号・FAX番号などを保有しており、閲覧された可能性があるとしています。

参照造幣局オンラインショップ保有個人情報の流出について/独立行政法人造幣局


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。