不正に持ち出した社内データをライバル企業に流出、ソフトウェア会社の元従業員を逮捕

警視庁生活経済課は2019年1月24日、自社の機密情報を競合他社に漏えいした疑いで、横浜市鶴見区に居住する男性を逮捕したと明らかにしました。

この男性は、自身が所属していたシステム開発会社ゼネテックの営業データなどを不正目的で入手。ライバル企業の代表者に流出していたとのことです。

ファイル転送サービスを悪用

警視庁の調べによると容疑者は2017年10月頃より、ファイル転送サービスを悪用しゼネテックの営業秘密情報を私物のPCに転送。2017年12月から複数回に渡り、大阪に拠点を置く競合ソフトウェア会社に情報流出をしていた疑いが持たれています。

容疑者は捜査に対して、「持ち出したデータが機密情報にあたるとは考えていなかった」などと供述。容疑を否認しているとのことです。

社内に対する不満が引き金か

犯行に及んだ動機は明らかにされていません。しかし徳江容疑者はこれまでデータの持ち出しを材料に、社内で賃上げなどを要求していたとのこと。

また同社を懲戒解雇されたのち、2018年1月にはデータ送信先企業と業務委託契約を締結するなど、何らかの不満があったものと見られています。

参照競合社に営業秘密漏えい容疑=ソフトウエア会社元部長逮捕―警視庁/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?