新潟県警HPへ不正アクセス、爆破予告など書き込まれる改ざん被害

画像:新潟県警HPに不正アクセスか 神奈川県警への爆破予告投稿/新潟県警より

新潟県警は2019年1月20日、外部からの不正アクセスにより県警が管理するサーバーが不正操作された疑いがあると明らかにしました。

県警によると、攻撃者は県警のサーバーを経由してインターネット掲示板にて、「神奈川県警の爆破予告」の書き込みを実施。更にホームページが改ざんされ、無関係な画像が貼り付けられるなどの被害が生じたとのことです。

情報提供フォームに不具合か

新潟県警は不正アクセスの原因について、入力フォームの不具合の可能性を指摘しています。県警はホームページ上で情報提供や意見を受け付ける入力フォームを提供していますが、攻撃者に何らかの形で利用された可能性があるとのことです。

新潟県警は今回のインシデントを受け、意見や情報提供窓口などのメールフォームの閉鎖を決定。操作を進めている状況です。

参照新潟県警HPに不正アクセスか 神奈川県警への爆破予告投稿/新潟県警

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?