個人情報60件を2,192名に誤送信、防止システム機能せず|横浜市消防局横浜市民防災センター

画像:電子メールアドレスの流出について/横浜市より

横浜市消防局横浜市民防災センターは2019年1月16日、横浜市消防音楽隊「創設60周年記念演奏会」への応募者に向けて電子メールを送信する際に、担当職員1名が送信設定を誤り、メールアドレス合計60件が2,192名もの宛先に流出したと明らかにしました。

同センターの発表によると、送信先の設定ミスが原因。本来すべての送信先で「BCC」設定で送信すべきところを、誤って「TO」設定で送信したことにより、受診者らの間でメールアドレスが共有されたとしています。

受信者の指摘により発覚

横浜市消防局横浜市民防災センターによると流出は2019年1月15日、受信者の指摘により発覚しました。

指摘を受けた同センターが調査を進めたところ、メール送信を担当した職員の送信履歴から宛先設定のミスが発覚。メールは合計2,192名の宛先を60のグループに分けて送信され、1名分のメールアドレスが最大100名に流出したとしています。

横浜市消防局横浜市民防災センターは影響を受けた可能性のある受信者ら60名に対して電話で謝罪を実施。受信者2,192名に向けて、メールの削除要請を出しています。

誤送信防止システムが機能せず

横浜市消防局横浜市民防災センターはインシデント発生の原因として、

  • ダブルチェックをしなかったこと
  • メール誤送信システムが実質的に役立たなかったこと

上記2点を挙げています。

送信設定のミスによる流出事案は全国各地で多発しています。しかし担当職員はダブルチェックをせず送信したとのこと。また同センターのメールシステムには誤送信防止システムが搭載されていましたが、職員には送信設定に関する認識がなく、役に立たなかったとのことです。

参照電子メールアドレスの流出について/横浜市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?