カード会社騙り不安を煽るフィッシングメールが急増中

フィッシング対策協議会は2018年12月10日、SMBCグループ・セディナカードのネットサービス「OMC Plus」をかたるフィッシングメールが横行していると警告を発しました。

協議会によると、メールは「OMCカードWEBサービスに対し、第三者によるアクセスを確認しました」と記載され、ユーザーの不安を煽るもの。本文は不審なURLが記載されており、警戒が必要です。

フィッシングサイトは現在も稼働中

フィッシング対策協議会によると、今回確認されたフィッシングサイトは2018年12月10日時点で稼働中。協議会はサイト閉鎖に向けて働きかけているものの、類似のサイトが公開される可能性が高いとしています。

なお、今回のフィッシングメールで確認されたURLは下記の通り。いずれも正規サービスと誤認しかねないURLをしています。

確認されたURLは下記です。

  • http://www.omc-cedyna-co-jp.●●●●/register/xt_issue_user_input.html
  • http://www.omc-cedyna-jp.●●●●/register/xt_issue_user_input.html
情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?