画像:東京学館浦安高等学校より

東京学館浦安高校は2018年11月19日、同校保健保育担当の30代男性教諭が、生徒などの個人情報3,700件が記録されたUSBメモリを紛失したと発表しました。

紛失したUSBメモリは同校の在校生・卒業生の氏名や住所・成績データに加えて、過去教諭が勤務していた学校生徒らの情報も記録されていたとのことです。

内規に違反して使用か

男性教諭は2018年10月25日、USBメモリを学内で使用した後に、紛失しています。同校によると、USBメモリーは男性教諭の私物。セキュリティー機能は付与されておらず、取得者した人が容易に使用できる状態です。

なお同校は、内規でUSBメモリに個人情報を記録することを禁じていました。しかし男性教諭は内規を無視して、USBメモリを使用していたものと見られます。

記録されていた情報の内訳は?

東京学館浦安高校によると、USBメモリーには同校の在校生・卒業生の他に、男性教諭が以前勤務していた東京学館高校の生徒情報も含まれていたとのこと。詳細は下記の通りです。

内容 件数 詳細
2013〜2018年度
東京学館浦安高校の生徒
3,145名 氏名、住所、成績
2018年度
東京学館浦安中学校の生徒
4名 氏名、住所
2009〜2012年度
東京学館高校の生徒
53名 氏名、電話番号
2007〜2008年度
県立君津青葉高校の生徒
355名 氏名、成績
2006年度
県立姉崎高校の生徒
147名 氏名、成績

参照生徒情報3700人分入りUSB紛失 東京学館浦安高教諭 以前勤務含む5校分/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?