画像:株式会社ボーンデジタルより

グラフィックソフト販売などを手掛ける株式会社ボーンデジタルは2018年9月25日、同社が運営するサービス「CG-iN」が外部からの不正アクセスを受けた事を発表しました。

同社によると攻撃により、保有する顧客情報が漏えいしたとのこと。同社はサービスを一時的に閉鎖し、被害者に謝罪を表明しています。

個人情報・購入履歴が流出

株式会社ボーンデジタルによると、攻撃を受けたのは同社サービスの「CG-iN」です。

「CG-iN」は3DCGソフトウェアやノンリニア編集ソフトなど、CGクリエイターやデザイナー向け製品を扱う専門ショップ。

流出の規模や攻撃の手口は明らかにされていませんが、攻撃により個人情報が流出した他、購入履歴も漏洩したものと発表しています。

流出した情報の内訳

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 購買履歴

対応を進めるボーンデジタル

ボーンデジタルは今回の不正アクセスを受け、「CG-iN」の一時停止を決断しました。再開時期は随時ホームページ上で報告するとのこと。

また同社は被害者に向けて謝罪を表明すると同時に、不審なメールや電話等を注意するよう呼び掛けている状況です。

参照不正アクセスによる個人情報漏えいのお詫び/株式会社ボーンデジタル

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?