画像:迷惑メールフィルターの不具合による特定ドメインからのメールの一部消失についてのおわび/ソフトバンク株式会社より

ソフトバンク株式会社は2018年9月21日、同社の迷惑メールフィルターの不具合により特定ドメインからのメールが消失したことを発表しました。

同社によると、パターンファイルの自動生成時に不具合が発生したとのこと。影響は約436万ユーザーに及び、合計約1,030万通が消失したと説明しています。

なお同社は既に不具合を修正しており、再発防止策の徹底を進めるとのことです。

事案の概要は?

ソフトバンク株式会社によると、不具合は2018年9月17日午前10時48分~9月18日午前9時16分に発生。

ソフトバンクやワイモバイルのメールに搭載されている「迷惑メールフィルター」を利用している人の一部において、「.co.jp」を含むドメインからのメールが受信できなくなったとのことです。

その後同社が調査を進めたところ、迷惑メールフィルター機能のデータベースへ反映するパターンファイルの自動生成時に不具合が発生していることが判明。今回の発表へと至っています。

被害規模は?

ソフトバンク株式会社の発表によると、一連の不具合により合計約1,030万通のメールが消失。影響ユーザー数は約436万ユーザーとのことです。

同社は既に不具合を修正したと報告していますが、再発防止策として運用監視体制の強化も表明。併せて影響を受けたユーザーに個別に連絡をしています。

参照迷惑メールフィルターの不具合による特定ドメインからのメールの一部消失についてのおわび/ソフトバンク株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?