画像:弥富市防災・災害情報ツイッターの誤使用のお詫びについて/弥富市より

弥富市は2018年9月12日、同市の公式Twitterアカウント「弥富市防災・災害情報ツイッタ―」において、防災情報以外のツイートを行ったことを発表しました。

同市によると、アカウントを担当している職員が個人的なアカウントと誤認したことにより発生したとのこと。同市は直ちに情報を削除した上で、市民及びフォロワーに対して謝罪を行っています。

事案の経緯は?

情報によると、問題のツイートは9月12日の20時ごろに発生しました。

市のアカウントを運用していた担当者が自身のアカウントと混同した状態で、大手飲料メーカーのキャンペーンに応募したところ、防災用アカウントにその画面が表示されてしまったとのことです。

市は謝罪を表明

問題のツイートは約1時間30分間表示されたのち、削除されました。

弥富市は今回の事案について謝罪を行い、使用方法・管理体制の見直しを決定しています。しかし同様のヒューマンエラーを防ぐには、ダブルチェック等の具体的な手法が望ましく、単に注意を促すだけでは再び発生するかもしれません。

SNSを通じた情報発信は、既に多くの県や市が導入している手法です。他の自治体や企業にも起こり得る事情であり、注意が必要と言えるでしょう。

参照弥富市防災・災害情報ツイッターの誤使用のお詫びについて/弥富市
参照愛知 弥富市職員が市の公式アカウントで誤ツイート/NHKニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?