画像:群馬大学 大学院医学部系研究科より

上毛新聞は2018年9月3日、群馬大学医学部の学生が患者情報が含まれたUSBメモリーを紛失していたことを報じました。

情報によると、USBメモリーには患者の氏名や年齢の他に、病歴なども記録されていたとのこと。更に個人が特定できない形で、合計7名分の情報も記録されていました。

大学側は被害を受けた患者に対して謝罪を実施しています。

事案の経緯は?

事案が起きたのは2018年9月2日。紛失した学生が実習を行う目的で作成し、記録をUSBメモリーに保存していたとのことです。

紛失した情報は合計8件。詳細は下記の通りです。

  • 氏名、年齢、病歴、診断内容:1件
  • 個人が特定されない形での症例要約:7件

大学側の対応は?

大学側は今回の事案を受けて、患者に対して謝罪を実施しました。また警察に遺失物として届出を行い、発見に努める考えです。

2018年に入り、教育機関や公的機関によるUSBメモリーの紛失が相次いでいます。

参照患者個人情報入りの記憶媒体を紛失 群馬大医学部の学生/上毛新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?