画像:羽幌町公式ウェブサイトより

羽幌(はぼろ)町は2018年8月22日、町内外の法人・個人らの納税情報に関する書類を紛失したことを明らかにしました。

報道によると、税務担当者がデータを扱う途上で紛失してしまったとのこと。納税処理などへの影響はないものの、書類は見つかっておらず情報漏洩が懸念されています。

事案の経緯は?

報道メディアなど情報によると、紛失した書類は「郵便振替払込取扱票」。

町の税務担当者が同票をPC端末に入力したのちに、払出を行おうとしたところ、書類の紛失が明らかになったとのことです。

被害の規模は?

情報によると、紛失した「郵便振替払込取扱票」は合計17枚。2018年7月24日にゆうちょ銀行で納付された固定資産税や道民税・町民税などが対象です。

同票には法人・個人共に含まれており、3法人・14個人のものが記録されていたとのこと。流出情報は下記の通りです。

  • 氏名
  • 住所
  • 税額

参照羽幌町が納税取扱票17枚紛失 個人情報記載/北海道新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?