画像:株式会社ケイ・オプティコムより

電気通信事業などを営む株式会社ケイ・オプティコムは2018年8月16日、同社が提供する「eoID」が外部からの不正アクセスを受けた事を明らかにしました。

「eoID」はeoやmineo(マイネオ)などのサービスを利用するために使われており、顧客情報流出の可能性があるとのこと。不正アクセスが確認されたIDは、6,458件を数えています。

事案の経緯は?

株式会社ケイ・オプティコムによると、不正アクセスが発覚したのは2018年8月15日。特定のIPアドレスから「eoID」に対する攻撃が確認されたと説明しています。

また、同社によると攻撃者の手口は「リスト型攻撃」によるものとのこと。外部から入手したID・パスワードを悪用しているものとの見方を示しています。

被害状況は?

不正アクセスにより、「eoID」ユーザーのうち6,458件です。閲覧・流出が懸念される情報の内訳は、下記の通り。

  • 住所
  • 氏名
  • 性別
  • 電話番号
  • 生年月日
  • メールアドレス

なお、口座番号やクレジットカード情報等のデータにはマスキング処理が行われており、流出した可能性はないとのことです。

参照eoIDに対する不正なログインについて/株式会社ケイ・オプティコム

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?