画像:鹿児島相互信用金庫より

鹿児島相互信用金庫は2018年8月10日、顧客情報が記録された伝票綴りを紛失した可能性があることを発表しました。

同金庫によると、紛失した伝票綴りは合計140枚・計163件が記録されていたとのこと。原因は誤廃棄の可能性が高いと説明しています。

事案の経緯は?

鹿児島相互信用金庫によると、2018年6月22日に同金庫串良支店のスタッフが古いパンフレットを処分する際に、誤って伝票綴りが混入した可能性が高いとのこと。

なお、同金庫によると紛失したのは、2018年6月21日分の伝票綴り。具体的には、下記のものが紛失したと説明しています。

  • 普通預金・納税準備預金・貯蓄預金払戻請求書
  • 普通預金入金票
  • 「公金等専用」入金票
  • 通知、定期、積定、定積預金払戻請求書
  • 定期預金入金票(新規)
  • 定期積金入金票(ご新規)
  • 融資 取引明細票
  • 振込依頼書
  • センタ送信結果

流出情報の内訳は?

紛失した伝票綴りは140枚・合計163件の個人情報が記録されていました。

口座番号や貸付金額等の機密情報も記録されており、漏洩情報の質としては重大です。ただし、発表時点で漏洩による悪用被害等は確認されていないとのことです。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 取引金融機関名
  • 預金口座番号
  • 入出金金額
  • 貸付金額 など

参照個人情報の紛失について /鹿児島相互信用金庫

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?