画像:日本年金機構より

一般財団法人「コンピューターソフトウェア著作権協会(以下:ACCS)」は2018年8月1日、マイクロソフトのOS「Windows7」の海賊版を販売していた男性が逮捕されたことを発表しました。

情報によると、逮捕されたのは福岡県朝倉郡に住む43歳の男性会社員。著作権法に違反した疑いが持たれています。

400万円の売り上げか

熊本県警などによると、同容疑者は「Windows7」を不正に複製。2017年7月3日~2017年12月5日の約5か月間において、DVD3枚セットにして2,400円で販売していたものと見られています。

また、同容疑者は海賊版販売を2年間で約400万円の売り上げを得ていたものと見られており、今後の捜査により明らかにする方針です。

海賊版に要注意

以前、日本の法律は実体物として存在しないソフトウェアを、著作物と明確にする法律がありませんでした。

しかし、1985年に法改正が行われ、ソフトウェアも著作権法により明記されることに。更に1986年にはデーターベースの著作物についても保護すると規定されています。現在でこそソフトウェアが著作物として保護対象にあることは常識ですが、中には未だにご存じない方も存在します。海賊版の存在には、今後も注意が必要でしょう。

参照リカバリーディスクの海賊版を販売、男性を逮捕/コンピューターソフトウェア著作権協会
参照著作権法/公益社団法人著作権情報センター

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。